【群馬県】今御城印集めが熱い!歴史のロマンあふれる城を巡って御城印をゲットせよ

  • 2021年3月14日
  • 2021年3月14日
  • 群馬県
  • 103view
https://www.instagram.com/p/CMXNmPeHUx0/

もはや御朱印は参拝時のコレクションとして定番ですが、今、御朱印と肩を並べるほどの人気がある御城印。説明する間でもありませんが登城し、その記念に印をもらうもの。群馬県内でもらえる御城印をご紹介したいと思います。

沼田城(沼田市)

群馬県北部にある沼田城址公園、戦国大名の熱い争奪戦が繰り広げられた沼田城がかつてあった場所です。1532年頃に築城、北条氏や真田氏が城主を務め、明治時代に取り壊されました。現在は本丸・二の丸・三の丸・外曲輪の一部が残っています。

こちらが沼田城の御城印。天空の城下町と呼ばれた沼田城が記されています。沼田城城址公園内にある観光協会で入手できます。協会内では御城印の他、沼田城のミニチュアや関連アイテムなども販売されています。

料金:1枚300円
住所:群馬県沼田市西倉内町2889−3
電話:0278−25−8555

中山城 (吾妻郡高山村)

吾妻郡高山村、真田氏を責める北条氏ゆかりの城、中山城があった場所です。1581年頃に小田原北条氏が築城、北条氏と真田氏の勢力が隣接する境目の城として知られています。現在は鬱蒼とした森の中に城址がひっそりと佇んでいます。

https://www.instagram.com/p/CMW4NQzn-R9/

こちらが中山城の御城印。楔を打ち込む境目の城、堂々たる中山城の文字が光ります。すぐ近くにある道の駅中山盆地で入手できます。

料金:300円
住所:群馬県吾妻郡高山村中山
電話:0279−63−2111

岩櫃城(吾妻郡東吾妻町)

吾妻郡東吾妻町、真田氏にゆかりのある岩櫃城址があります。詳しい築城年代は不明、戦国時代に上杉謙信陣営の斎藤氏と武田信玄陣営の真田氏が争った城として知られています。

https://www.instagram.com/p/CMW4NQzn-R9/

こちらが岩櫃城の御城印。国指定史跡・続日本百名城の文字とともに、岩櫃城に関わった戦国武将の紋章が光ります。JR吾妻線群馬原町駅構内にある東吾妻観光協会で入手できます。この御城印とともに、金剛院・密岩神社の3枚セットで販売しています。

料金:500円
住所:群馬県吾妻郡東吾妻町大字原町627−2
電話:0279−70−2110

名胡桃城(利根郡みなかみ町)

岩櫃城・沼田城とともに真田三名城や続日本百名城にも数えられる名胡桃城。利根郡みなかみ町にある室町時代の山城です。1579年武田勝頼の命を受けた真田氏が築いたとされています。

https://www.instagram.com/p/CMW4NQzn-R9/

こちらが名胡桃城の御城印。激動の時代に生きた真田氏の六紋銭があしらわれています。名胡桃城址隣に観光案内所があり、ここで入手できます。城址は整備され、散策もできます。

料金:300円
住所:群馬県利根郡みなかみ町下津3462
電話:0278−62−0793

小川城(利根郡みなかみ町)

利根郡みなかみ町、JR上越新幹線上毛高原駅近くにある城址。沼田城の西の備えとして築かれました。1492年に築城され沼田氏・小川氏・そして真田氏が入城した崖端城です。現在は曲輪・空堀・土塁の遺構が残っており、公園として整備され、散策もできます。

https://www.instagram.com/p/CMW4NQzn-R9/

こちらが小川城の御城印。境目の城とこの城にかかわった武将の家紋があしらわれています。御城印は上毛高原駅構内にある観光案内所で入手できます。

料金:300円
住所:群馬県利根郡みなかみ町月夜野1744−1
電話:0278−62−0401

箕輪城(高崎市)

榛名山のお膝元、高崎市箕郷町にある箕輪城址、1500年頃に長野氏によって築城されました。戦国時代に多くの武将が城主となったことでも知られる平山城。国の史跡に指定されています。現在は城址として整備され、石垣・土塁・空堀が見られます。

https://www.instagram.com/p/CMW4NQzn-R9/

こちらが箕輪城の御城印。日本百名城や梅香る古城乃里など豊富な種類の御城印があります。毎週日曜日には箕輪城址大駐車場でふれあい市が開催され、地元の新鮮野菜などとともに御城印が並び、入手することができます。

料金:300円
住所:群馬県高崎市箕郷町東明屋
電話:027−371−5111

猿ヶ京城(利根郡みなかみ町)

新潟県との県境の地、みなかみ町猿ヶ京地区。風光明媚な赤谷湖近くにあった猿ヶ京城、築城年など詳細は不明ですが、上杉謙信が関東に攻め入る際に、滞在した城と言われています。謙信が亡くなった後は、北条氏・真田氏が入城、江戸時代になると近くには三国街道を監視する関所が置かれました。現在、城跡はホテル湖城閣の敷地になっています。

https://www.instagram.com/p/CMXNmPeHUx0/

こちらが猿ヶ京城の御城印。紙とこちら木札に印刷された2種類の御城印があります。地元の木材でを使い、近くにある道の駅たくみの里で作られた木札の御城印はとても珍しいもの。謙信命名の地と迫力満点の文字が描かれています。猿ヶ京にある日帰り温泉、まんてん星の湯で入手できます。

料金:300円
住所:群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉1150−1
電話:0278−66−1126

おわりに

https://www.instagram.com/p/CMW4NQzn-R9/

城マニア必見、群馬県内で入手できる御城印の一部をご紹介しました。自然溢れる群馬には歴史的要所だった城跡がたくさんあり、御城印も発行されています。

お城御朱印同様、今や定番の御城印集め。古の歴史を感じながら城址散策とともに、ぜひ登城記念に御城印をゲットしてみてはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!