【神泉の居酒屋】カジュアルに魚を食べるならココ、庵狐

  • 2020年8月12日
  • 2020年9月10日
  • 神泉
  • 198view

神泉駅すぐの好立地

神泉駅南口から徒歩1分

魚料理の激戦区である神泉魚ストリートの一角に位置する庵狐(あんこ)

見つけやすい!

ランチは蕎麦メインだそう

裏渋谷って知ってる?

裏渋谷と呼ばれるここ神泉

実は渋谷には2つの顔がある。

みなさまご存知であろう円山町のクラブ街/ラブホ街。その向こう側には、イケてるおじさまたちが下心なく集うオシャンティー飲食店が並んでいる

渋谷でありながら、渋谷っぽくない落ち着く場所。

だれもが知っている渋谷は、神泉組からしたら、ただの”表”渋谷なのだ

その軍事境界線ギリギリに並ぶ裏サイド飲食店はどこも隠れ家になり得る。

ギャルもそろそろ表から隠れる場所を探すべく、境界線を越えてみた

とりあえず早く出てくるもの

話を戻して。。

鳴り続けている胃袋を黙らせるために、とにかく早く出てくるものはこちら

もずく酢 400円

まずは若返りの抗酸ビタミンを摂取

若くなるために食べなきゃね〜!!

もはやその発言がNGだと気づく

長芋カクテキ 650円

当たり前にうまいこと

シャキシャキ感が夏にいいですね〜

2品目で気づいたが、器めちゃくちゃオシャレ!

こだわってるわー

生牡蠣 700円
レモン/すだち/ポン酢/ジュレから選べる
(写真はポン酢)

1個700円ってたか!と思うがなんと2個入り。安心してください

甲殻類を食す際は、北海道民の血が騒ぐ

完全なるジャッジモードに入り、一口目

うん。。うまい!味濃厚!合格です!

そのまま二口目も完食

庵狐名物!魚づくし!

庵狐の店前に出ていた魚の旗の出番がやってきた!

やっぱり生が食べたくなるよね〜

鶏刺盛 1500円〜
(もも、むね、レバー、砂肝)

魚じゃねぇんかい!

と思ったあなたは少し気が早い。

写真左側がごま油、右側がにんにく醤油

砂肝、レバーは固くならないよう、低温調理されている

そしてこの盛り付けも満点

丁寧な仕事っぷりが垣間見れる

魚刺盛 1人前5種類1切れ 1000円〜

お待たせしました。魚です。

写真奥のマグロ赤身から時計回りに〆さば、伊佐木、金目鯛、水蛸

脂がしっかり乗ったお刺身と、ちょい濃いめの醤油がマッチング!

魚好きのギャルにはたまらん!うま〜

最後はわさびだけいただきました

炙り鰹ガーリックオイル 1,200円

匂いだけで満足の一品

外側だけ炙られた半生感がたまりません

続々と注文の品が到着

鯵なめろう 900円

当たり前にうまいでしょ!!

海苔もパリッパリ!いいノリだよ!!

そして次にやってきたのが、、

鯛一郎くんカブト 1,100円

鯛一郎、、

お元気そうで何よりです。一番映えてるやん!

ネギなんかつけちゃってオシャレじゃないか〜

今から君の顔をいただくね。

めっちゃくちゃ柔らかくて味しみしみで最高!

残ったタレ、ご飯にかけて食べたくなる。。

というわけで、生も炙りも煮も堪能できて、とっても満足!

シメの一品

胃袋は無限大です。

やっぱ炭水化物欲しいでしょ!

しらすと大葉のチャーハン 950円

メニューのセンス良すぎませんか!?

優しい味で、満点の〆ご飯でした。

一品一品、丁寧に仕込んであるのが伝わるのは見ての通り、

お値段も安売りはせず適正価格、ちゃんと見合った料理が出てくるので安心できるかなり高評価なお店でした。

お店情報

店名:庵狐(あんこ)

住所:東京都渋谷区円山町25−4 加藤ビル1階

電話: 03-5459-4083

最新情報をチェックしよう!