【高円寺/肉バル ブラチョーラ】赤ワインと肉で”せんべろ”をキメる。昼から飲めるハッピーアワーありがてぇ

  • 2020年6月12日
  • 2020年6月13日
  • 高円寺
  • 303view

腹が減っては軍(いくさ)は出来ぬ。

このことわざ、言いたいことは分かるが、あんまりピンとこない。

実際に戦地で戦う軍人は、むしろ食べないらしい。

なぜなら、戦地では食料がいつ途切れるか分からない。

食料がなくても生きられるように、少量の食料で活動できる訓練を受けるから、だ。

なんかの記事で読んで、「へぇ〜。」って思うと同時に、「軍人ってカッコよくて憧れるけど、お腹一杯ご飯を食べたい俺には無理な仕事だな。」と思った。

この令和の時代、牛丼家に行けばワンコインで丼ぶりを腹一杯食べられるし、コンビニに行けば食べたいものがなんでも食べられる。

けど、毎日そればっかりじゃ飽きてくるし、自炊もなんかやる気がでない。

「たまには、本格的な肉料理食べたいなぁ。安くて美味いところないかなぁ。」

とお困りの欲張りさんに朗報。というか、私にとって朗報。

先日、ikivil編集長(仮)とライターのBOIさん、そして私の三人で決行した《高円寺せんべろツアー》の最中に、たまたま見つけた『肉バル ブラチョーラ』が素晴らしかったのでご紹介しよう。

結論だけ先に言うと、

  1. 肉うまい!
  2. せんべろできる!!
  3. オシャレ!!!

だ。

せんべろは、「1000円でべろべろに酔える」ような価格帯の酒場の俗称。

出典:Wikipedia

ちょっと見つけづらいところにあるのが逆に良い

ヨーロッパのバルみたいなルックス。ヨーロッパ行ったことないけど

《高円寺せんべろツアー》の二軒目に行った『四文屋 高円寺北店』の目と鼻の先。

関連記事

【高円寺せんべろ街道まっしぐら】西東京の覇者『四文屋』でハシゴ酒!コンビニクラスの出店数ってマジ!?

ちょっと奥まったマンションの一階に『肉バル ブラチョーラ』はある。

お隣には『パテ屋』という、こちらも肉料理が大人気の系列店がある。

「なんでこんな目立ちづらいところに!?」という感じが、逆に見つけ出した時の喜びを与えてくれる。

かわいいイラスト付きで、こだわり肉の説明をしてくれている

財布と呑兵衛に優しいハッピーアワー

え、マジっすか。良いんですか、こんな安くて

時間は限られているが、ハッピーアワードリンクは超絶有料価格。これなら楽勝でせんべろできます。

特に、週末の12:00〜16:00の時間帯のハッピーアワーが使い勝手良さそう。

肉料理に合わせて赤ワイン 290円で乾杯。とにかく形から入るタイプ

牛肉&豚肉ドーーーン!!!!これぞ肉バルの真骨頂!

牛&豚 250g!!肉あいもりステーキプレート 1000円

「俺がチャンピオンだ!」

「いいや、俺こそが王者だ!」

そんな声が漏れて聞こえてきそうな牛肉と豚肉のせめぎ合い。

圧倒的なボリューム感で、眺めているだけでヨダレが出てくる。

豚肉をソースに絡めて持ち上げてみた

歯ごたえのある赤身肉脂の乗ったトロットロの豚肉を、そのどちらにもマッチするように作られたソースに絡めて召し上がる。

目尻が下がりっぱなしになるほど美味い。

ライスはセルフで。おかわり自由とか最高かよ

今回はランチタイムにお邪魔したので、夜のメニューはちょっと違うはず。

ちなみに、こちらがランチメニュー。

牛すじカレーも美味そう

また、夜に食べに行く時に色々チェックしてこよう。

この料理のクオリティで、せんべろできるのはヤバい

今回の注文内容(3人分)

赤ワイン 290円 ×4

ハイボール 290円 ×2

肉あいもりステーキプレート250g 1000円

計 2740円(税抜)。一人あたり900円ちょいのお会計。

お肉の質と量、そして値段、全て大満足で、「高円寺のせんべろ、ここに極めたり!」という気分になった。

現在はテイクアウトもやったりされているようですが、お食事だけでも胸を張ってオススメできます。

関連記事

【#高円寺テイクアウト】外出自粛要請期間中にテイクアウトができる旨い店をまとめたよ!MAP付き。

牛ってホントに全身食べられるんだな。命への感謝を忘れちゃいけない

本当に美味しかったです、ごちそうさまでした。

またひとつ、素晴らしいお店を発見できて嬉しいです。

お店の情報

店名:ブラチョーラ 高円寺店

住所:東京都杉並区高円寺北3-21-19 1F

営業時間:

【平日】
ランチ 12:00-15:00
ディナー 17:00-0:00

【土日祝】
ランチ 12:00-16:00
ディナー 16:00-0:00

電話番号:03-5356-7704

最新情報をチェックしよう!